増額可能

Pocket

交通事故の慰謝料を請求するときには、弁護士を介すると良いということですが、その最大の理由は、交通事故の慰謝料を増額出来る可能性があることです。

電卓交通事故に対して支払われる慰謝料は、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料と言ったものに分けられるのです。これらの慰謝料に関してですが、原則としては自賠責基準、弁護士基準、裁判所基準といったものに分かれてます。ちなみに、弁護士に相談をしないで保険会社を介した場合には、自賠責保険基準が採用されることになりますが、その場合だと、大きく損をする可能性があるのです

例えば、後遺障害慰謝料額を例にとってみると、最高等級の1級の場合は、1100万円が自賠責保険基準ですが、弁護士基準の場合は2800万円にもなります。これだけ見ても弁護士に依頼をした方が良いということになります。ちなみに、死亡慰謝料に対する相場にしても、一家の支柱が亡くなった場合には、自賠責基準では350万円ですが、弁護士基準ではそれを大きく上回る2800万円から3600万円程度になるのです。こうしたように、被害者になって慰謝料を請求するという場合には、弁護士に相談をした方が良いということになります

推奨リンクhttps://www.ko2jiko.com/
交通事故被害の無料相談ができる「アディーレ」です。