スムーズな交渉が可能

Pocket

車椅子弁護士に対して相談をすることによって、示談交渉をスムーズに進めることが出来る場合があります。保険会社や加害者側が提示してくる、相手にとって都合の良い金額ではなくて、自分が交通事故により損害を受けたことに対しての妥当な金額を請求することが大事になります

示談をすることは一時的なことなのですが、事故に逢って後遺症が残った場合には、一生それに対して苦しまなければなりません。示談交渉は、精神的苦痛に対しての妥当な金額を支払ってもらうための主張をする場ですが、示談が成立してしまうと、同じ損害に対する請求は行えません。弁護士に相談することにより、慰謝料に対しての妥当な請求が出来るのです

また、保険会社との対応にかかる心身の負担を軽減できるというのも大きな特徴です。法律に対しての専門的な知識を持っていないわけですから、交通事故の解決は普通の人には難しい話となります。それに対して、弁護士全ての交渉を行ってくれるわけですから、法律関係の分かりにくい話に悩む必要もなくなりますし、対応への時間に悩まされる必要もないわけです。それはつまり、心身への負担が軽減されることに他なりません。慰謝料が増額されることよりもメリットが大きいところもあるかもしれません。

増額可能

Pocket

交通事故の慰謝料を請求するときには、弁護士を介すると良いということですが、その最大の理由は、交通事故の慰謝料を増額出来る可能性があることです。

電卓交通事故に対して支払われる慰謝料は、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料と言ったものに分けられるのです。これらの慰謝料に関してですが、原則としては自賠責基準、弁護士基準、裁判所基準といったものに分かれてます。ちなみに、弁護士に相談をしないで保険会社を介した場合には、自賠責保険基準が採用されることになりますが、その場合だと、大きく損をする可能性があるのです

例えば、後遺障害慰謝料額を例にとってみると、最高等級の1級の場合は、1100万円が自賠責保険基準ですが、弁護士基準の場合は2800万円にもなります。これだけ見ても弁護士に依頼をした方が良いということになります。ちなみに、死亡慰謝料に対する相場にしても、一家の支柱が亡くなった場合には、自賠責基準では350万円ですが、弁護士基準ではそれを大きく上回る2800万円から3600万円程度になるのです。こうしたように、被害者になって慰謝料を請求するという場合には、弁護士に相談をした方が良いということになります

推奨リンクhttps://www.ko2jiko.com/
交通事故被害の無料相談ができる「アディーレ」です。

弁護士に交通事故の慰謝料相談をする場合のメリット

Pocket

交通事故が起こったとき、慰謝料の請求をすることになるのですが、この請求に対しては、実は弁護士に依頼することによって得られるメリットが大きいです。保険会社に任せておけば良いという人もいるかもしれませんが、それだと大きく損をしてしまうことがあるのです。

弁護士まず、弁護士に交通事故の慰謝料請求の依頼をすることで、大きく増額が可能となることがあります。弁護士が請求が可能などの種類の慰謝料に対しても、増額を得られることが多いのです。自賠責基準、それから弁護士基準と言ったものがあるのですが、この基準の金額は、案件によっては数倍以上もの開きがあるのです。この点だけでも、弁護士に依頼をする価値は十分にあるというわけです。

それから、弁護士に依頼をすることにより、スムーズな交渉が可能となることがあります。そもそも、法律の知識というのは一般人は持ち合わせていません。そこで登場するのが法のスペシャリストの弁護士なわけです。ですから、弁護士に任せておけば交渉はスムーズに進むことは間違いありません。交渉がスムーズに進むということは、それだけ精神的な負担も軽減されることに繋がります。何も分からない状態だと、何をしたらいいか分からないところから始まります。そのため、精神的に参ってしまうこともありますが、弁護士はその負担をきちんと取り去ってくれるだけの力を持っているのです。

こうした弁護士に慰謝料請求の相談をする場合に得られるメリットについてご紹介します。